水道修理の料金相場

水道修理はどれくらいお金がかかる?

水道修理にはどのようなものがあるのか

水道修理にはどのようなものがあるのか 水道修理に及ぶ水道トラブルは、トイレ周りでは便器やタンクおよび給水管からの水漏れやトイレ詰まりがあり、キッチンでは蛇口の水漏れやシンク下の水漏れまたは排水パイプのつまりや異臭があります。
他にはお風呂周りは排水が遅い、水が流れない、シャワーヘッドからの水漏れや排水溝の詰まりや異臭などのトラブルがあります。
その他に洗面所では水が流れなかったり蛇口の水漏れや洗面台の破損、排水パイプのつまり、異臭などです。
具体的な水道修理には以下のような種類があります。
水漏れの場合は配管接合部のパッキンが劣化したりネジが緩んでいることが多く、劣化したパッキンは交換しネジは適正なトルクで締め直します。
詰まりにはローポンプを使います。
トイレットペーパーをたくさん流してしまったり、トイレットペ-パー以外の紙を流してしまうと、ラバーカップでは解消困難です。
ローポンプはハンドルの付いたシリンダーで吸引する道具で、ラバーカップよりも軽い力で強力に詰まりを解消できます。
台所の詰まりは、ワイヤー式パイプクリーナーを使います。
詰まりを解消することで異臭も減ります。
シャワ-周りは、シャワーヘッドや混合栓の交換をすることがあります。

水道修理で相場より高くなることはあるのか

水道修理で相場より高くなることはあるのか 悪徳業者に引っかからなくても、水道修理が相場より長くなることはあります。
基本的に水道管の修理だけであれば作業時間も短く、費用は相場通りになります。
しかし給水管の引き込みなど、大規模な工事になれば作業時間はおよそ4ヶ月と長くなりそれに伴う人件費で水道修理の費用は上がります。
同じ内容の工事でも、家の前まで水道管が来ていないと相場より高いです。
家の前まで水道管が来ていれば2mの引き込みで済むものも、来ていないと10m以上掘る必要があります。
工事が大規模になるほど警備員も配置されるため、その費用も加算することになります。
またリフォームで配管工事をする場合、壁や床を壊すため大掛かりな工事が必須です。
表面を壊すだけならば問題ありませんが、コンクリートの基礎の下に配管があると梁に穴を開けなければなりません。
家を建てる前に工事を行うのとは違うので、イレギュラーな水道修理では費用が高くなることを想定しましょう。